後悔しないために日々を大切に
そして自分らしく精一杯生きる
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
自分の生い立ち〜幼稚園◆岨笋猟

私の弟

 

小さい頃にママとパパに

弟が欲しい!と真剣に言っていた

と聞いたことがある〜笑

 

そして念願の弟の誕生だ。

 

3歳違いになるのかな?

多分〜

 

今でもそうだけど家族の年齢とか

自分の子供の年齢とかたまにわからなくなる。

 

たま〜に自分の年齢もね。

 

 

 

やっぱり神社系に遊びに行ってるんだ

 

ママがめっちゃ嬉しそうな顔してるのに

私はなんだか真剣な顔をしているし

弟は違った方向を向いてるし

 

面白いエズラだ。

 

 

 

私が小さい頃はいつも弟の世話を

していたみたいですね。

 

弟とは性格や興味、思考など全く違う。

男女という違いもあるけれどね

 

ものごごろついた時からほとんど

しゃべることはなかった。

 

私は中学生後半から高校生まで

いわゆるヤンキーでした。

 

その事はまた別の時に〜笑

 

かたや弟は普通の学生生活。

 

通信が充実した高校に通い

現在もネット関係の仕事をしている。

 

会うのはお盆かお正月に実家に

帰省したときぐらい。

 

あたりさわりのない会話。

 

だったけど

 

私が既婚中、旦那が留置場に

入っている時の義父との確執問題の時や

 

離婚してから子供たちの進路の金銭面

での援助など本当に助けてもらった。

 

そしてパパが他界してからは

現在一人暮らしのママのことで

よく連絡をとるようになったかな。

 

私も弟も離婚して独り身で

ママも独り身〜

 

そうなることでなんだか

絆は強くなったかな。

 

だけどみんな独り身なので

割と自由に過ごしているみたいだし

 

 

私はひとりが気にいっている。

 

世間と遮断したひとりではなく

世間とはつながりつも孤独が好き。

 

ずっと小さい時からひとりで

いるのが本当は好きだったのかもね。

 

 

自分の生い立ち〜幼稚園 楚瓦忙弔辰討い襪海

そろそろ幼稚園ぐらいのことに

移ろうかな〜笑

 

写真のママはスーツでおめかしして

カッコイイやん

 

人生初の集団生活の始まりだ。

 

集団生活の中でだんだん自分の世界を

失っていくことになる。

 

両親の色に染まり

世間の色に染まり

 

自分の色がわからなくなる

始まり・・・

 

幼稚園のいつ頃かは忘れたけど

雨の日にテクテク歩いていたら

 

壁に小さな透明でキラキラした

カタツムリがたくさんいた。

 

それをママとじぃ〜と見ていた

ようなそんな記憶。

 

 

自分の生い立ち〜幼少期ァ舛い箸

私がママに抱っこされて真ん中にいる。

 

ばぁ〜ちゃんに抱っこされて

いるのはママのお姉さんの子供。

 

次男くん

 

ひとりで立っているのも

ママのお姉さんの子供で

 

長男くん

 

時が経ち三男くんも誕生するのだ。

 

 

ママは5人姉弟

 

特にこのお姉さんとは仲が良い。

現在も仲が良いんだよね〜

 

性格も顔つきも全然違うから

面白いところだ。

 

ママは内向的

お姉さんは外交的

 

ママは日本的な顔立ち

お姉さんは外国人っぽい顔立ち

 

みたいな。笑

 

小さい頃から家が近くて

いつも遊んでいたなぁ

 

ママのお姉さんはめちゃめちゃ綺麗で

ファッションリーダー的存在かな♪

 

モデルさんみたい。

 

やはり、今でも綺麗な人だ。

 

ママはあまりお化粧したり

髪の毛を気にしたり

ファッションを気にすることは

ないんだけどね。

 

お姉さんはスゴイのだ!

 

 

私が小学生ぐらいの時にお家に

遊びに行くと化粧品の多さと

綺麗なパッケージに魅了された。

 

お化粧をするところを

見ているのが楽しかった。

 

ママとはかなりタイプが違い

子供心に綺麗なママのお姉さん

が母親だったらいいなぁ〜

なんて思ってた時もあった。

 

私が美容師になり、わりと

オシャレになってからお姉さんの

仕事場に行くとお店を出て

いつも一緒に洋服など

買ってくれたんだよね〜

 

 

私を自分の子供のように

可愛がってくれたな。

 

 

 

 

いとこたちと旅行に行った時かな〜

 

私の弟やママのお姉さんの3男くんが生まれている。

 

今でもパワフルで大好きな女性。

 

 

 

ママのお姉さんの次男くん、 旦那さんは他界。

 

自分の生い立ち〜幼少期ぁ狙磧山の中でパパの革靴に笑えた。

この前、夢でパパが出てきたこともあり

パパとのツーショット写真をアップしよう♪

 

なんか同じよ〜な顔の表情してるし ^^

 

親子だから当然なんだけどね

 

 

 

わりと山の中なんだけどパパの靴が

革靴なのが笑える〜

 

抱っこしてもらっているので

まぁ〜仕方ないけど

 

こけたらどないすんねん!

 

と言っておこう。笑

 

 

 

自分の生い立ち〜幼少期〜神社好き

小さい頃の写真を見ていると、

よく神社に行っている。

 

めちゃ鳩とたわむれてるやん

 

目線を鳩に合わせているのは、

感覚的なものなんだろうなぁ〜

 

自分が鳩になって話でもしている

よう。

 

鳥類は今でも好きだ。

 

鳩以外にも雀やカラス、鴨なども

心惹かれ写真を撮る機会が多い。

 

鳥についてのエピソードも色々あるなぁ〜

小学生くらいの時の生い立ちで話をしよう。

 

いつも変わらず楽しそうなばぁ〜ちゃん♪

今見ると着物姿がきれいだね。

 

以前着物について聞いたところ

自分で作っていたそうです。

 

編み物も得意で私たちの服も

編んでくれたそうですね〜

 

私は編み物をするとすぐに肩が凝るし

服を作りたいという感覚は

まったくないんだよね。

 

それが今後どうなるかはわからないけど、

多分〜そのジャンルはピンとこないかな。

 

 

 

 

自分の小さい頃の笑顔に笑える。

 

いっぱい歩いて鳩とたくさん

遊んだんだろうな〜靴が物語っている。

 

自分の生い立ち〜幼少期◆漸搬歌更

少し大きくなった頃だろうか♪

 

場所はわからないが家族旅行だろう。

 

ママからよく聞かされていた事がある。

 

それはパパがめちゃめちゃばぁ〜ちゃんを

大切にしてくれたということ。

 

どこへ行くにも一緒に連れていって楽しい

想い出を作ってもらったみたい。

 

パパは子供の頃に両親を亡くしているので、

ばぁ〜ちゃんは母親のような存在なのだろうな。

 

ばぁ〜ちゃんもいい人だったからね ^^

 

 

私は左利き。

 

ほとんどのことは左手でするけど

字だけは習字で右手になおされた。

 

別に左手でも良かったのだが、

昔の人の考えで字だけでも右手に

ということだろう。

 

ちなみに弟がいるのだが、

彼も左利きなのだ。笑

 

この頃から左手がメインになって

いるのかな〜

 

人差し指がなぜか帽子の中と

いうのも笑える〜

 

 

ママはお洒落して可愛いし、

ばぁ〜ちゃんはモデルポーズで

決まってるゼッ!

 

 

パパの股ぐらが安心するのだろうか〜笑

自分の生い立ち〜幼少期 粗以好きの始まり

自分の生い立ちをカテゴリーに追加した

ことで不定期にアップしていくのだけ

れど、以前実家からもらってきた写真を

また写真に撮る。笑

 

2012年の7月にパパが他界して実家に

帰省していた時に数枚、もらってきて

手元においているんだよね。

 

 

 

生後はスクスク成長しているようですね〜

まるまると幸せなぷっくりほっぺが物語っている。

 

 

 

漫画のようなツンとした私の足に笑ろた

 

子供ちゃうんやから、そのさわりかたは

ワンちゃん嫌がるやん〜

パパの焦っている様子が面白いなぁ

 

ママはいたって冷静沈着な笑顔でその

ギャップがまた良い感じかな。

 

 

 

写真の裏に1歳と書かれていたなぁ♪

 

この頃からワンちゃんとの接点は

あったんだよね〜

 

私が今の仕事であるペットケアサービス

の原点かな^^

 

多分、幼少期だからいきなり小屋に

入ってペンペンしているんだろうな〜

 

ワンちゃんにはいい迷惑だが・・・

 

なんせ幼少期は無敵だからスゴイ!

 

自分の世界で生きている。

 

 

この写真たちは全て白黒写真なので色彩

は実際わからないのだけれど、

なんとな〜く

 

そうなんとなぁ〜くだけど

 

心が色彩を蘇らせてくれる♡

 

天秤座新月の日に自分史を書いていく。自分の生い立ち〜生後間もない頃〜お宮参り

今日から『自分の生い立ち』のカテゴリーを

追加して書こうと思う♪

 

ちょうど、今日2019年9月29日(日)は天秤座新月

だし何か始めるに良いタイミングだしね〜

 

この世を去る前に整えておきたいという

思いは前からあったからね。

 

 

まずは生まれた月日からいってみよう〜 ^^

 

1965年10月9日和歌山県にて産声をあげた。

 

もちろんのことだが生まれたての記憶は

全くない。笑

 

なので幼稚園ぐらいからの記憶をたどり

書いていきま〜す。

 

ひぁ〜 コワッ〜 

 

 

今までに色々な占いなどみてきたので

それも一応記載しておこう。

 

 

・太陽星座  天秤座 

・月星座   魚座

 

・天王星  −

 

・KIN  139

・音  9

・太陽の紋章  青い嵐

・ウェイブスペル  青い猿

・鏡の向こう  122

・絶対反対KIN  9

・ガイドKIN  青い鷲

 

・銀の時計

 

以前は毎日チェックしていた。

今はほとんど見なくなったかな

 

後は〜

 

・AB型

・左利き

 

 

 

 

 

実家にあった私の写真。

 

加工したりしていないその当時の白黒写真である。

 

裏を見ると『お宮参り』1ヶ月とメモしてあった。

多分、ママだろう〜

 

私は今でも自分の親のことをママと呼んでいるので

そのまま表現していくことにする ^^

 

この写真は大好きで我に返りたいときにいつでも

みることができるように額に入れて飾っているのだ。

 

 

お宮参りでパパが写真を撮り、

ママとばぁ〜ちゃんと私♪

 

うまい具合にパパも影として

ちゃんと参加している ^^

 

 

ばぁ〜ちゃんは2008年に他界。

パパは2012年7月に他界。

 

パパが他界した時、帰省中に写真を

数枚もらって手元においている。