後悔しないために日々を大切に
そして自分らしく精一杯生きる
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ユーチューブ動画〜蜜蝋ワックスで食器&カトラリーをコーティング | main | コロナの影響でご依頼、収入激減〜これからのこと〜キングコング西野さんのこと >>
自分の生い立ち〜小学校高学年 粗以たちとの共生

引っ越しをしたこともあり念願の

ワンちゃんを飼うことに♪

 

地元が和歌山だからか『紀州犬』

だった。

 

多分、両親が決めたのかな?

 

室内で飼いたいと両親にめっちゃ

伝えたけどあっけなく却下!

 

私が子供の頃はほとんどが室外飼いで

番犬としての役目も担っていることも

多かったと思う。

 

それに小型犬とかではないしね〜

 

名前はみんなで考えた。

男の仔だったので“ゴン”と命名。

 

後に私が成人し犬猫を飼うことになる

のだが名前は“アン”とすぐに決まった。

 

これはフランス語で1の意味。

なんせフランスが大好きだからね〜

 

初めて飼うと意味も相まってピンと

きたのだった♪

 

それに最後に“ン”がつくのが好きだった

んだよね。

 

 

食事はママの担当。

 

ゴンのご飯はドッグフードではなく

私たちと同じものをあげていた。

 

いわゆるネコまんまのようなものかな。

 

現在、私は自然療法的なペットケアを

基本としている。

 

細かいことはさておきご飯について

は日替わりだしゴンも嬉しかった

だろう。

 

体もピンピンしていたから結果

オーライだな。

 

 

私はお散歩担当。

 

当時、両親や私は犬が好きだったけど

犬について調べたりすることもなく

全くの放任主義的な育てかただった

ように思う。

 

お散歩ではとにかく引っ張りグセが

すごかった記憶がある。

 

だけど、特にどうこうしようとか

思わずにず〜っとそのままだったなぁ。

 

今なら改善出来たけどね。笑

まぁ〜その時はその時でありだろう。

 

 

パパはDIY担当。

 

ゴンの小屋を作ってくれたかな。


小屋に書いているゴンのロゴだけは

私が書いたかな

 

そういえば庭に池みたいなのを作り

鯉とか泳いでいたなぁ〜

 

気がつけばその池は私や弟のプール

のような水遊び場になっていたり。

 

夜店で色つきのヒヨコを2羽買った

ことがある。

 

今思えばヒヨコを赤や緑や青で染めて

売るって虐待の類やん💦

 

 

だけどその時は何も考えずただ可愛い

の感情だけだった。

 

無知とは幸せなこともあり残酷なこと

もあり…

 

その2羽がみるみる大きく立派に成長

してなんと卵まで産んでくれ恩恵を

受けたのだ。

 

その鶏たちの小屋もDIYしてたな。

 

スゴいなぁ〜笑

 

たしかその鶏たちをお庭でお散歩

させたりシジミやアサリの貝殻を

細かく砕いてご飯に混ぜ混ぜしていた

記憶がある。

 

そんなこんなで特に知識はなかったが

動物と共に生きていく生活を楽しんで

いた。

 

私はやっぱり犬と一緒に犬小屋に

入るのが好きな子だったようだ。

 

 

あの時の私へ♪

今は動物関係の仕事をしているよ。

 

何も知らないときはそれなりに

楽しかったけどね。

 

自分が好きで合っている行動をすると

もっと楽しくなってきたよ〜

 

小屋には入れないけど。笑

 

 

ペットケアサービス ルプリュ(ホームページ)

 

ルプリュ写真館(お仕事ブログ)

 

自分らしく生きる(ライフスタイルブログ)

 

光と風とやさしい生活(ハンドメイドブログ)

 

Bonjour un*(うちの仔*アンちゃんブログ)

 

Instagram(クリエイティブ)

 

Instagram(ライフ)

 

facebook

 

光と風とやさしい生活(ユーチューブ動画)

 

自分らしく生きる(ライフ・ユーチューブ動画)

 

プールトゥジュール (オンラインショップ)

 

 

 

 

 

スポンサーサイト
COMMENT